about MUJ

世界80カ国以上の代表が参加して世界一の栄冠を競い合う、国際的な美の祭典です。また、ミス・ワールド、ミス・インターナショナルと合わせて世界3大ミス・コンテストの1つとして、世界的な知名度の高いコンテストです。

コンテストの選考基準は、単なる外見の美しさだけではなく、知性・感性・人間性・誠実さ・自信などの内面も重視されます。また、社会に積極的に貢献したいという社会性を兼備え、世界各国の代表と対等に立てるグローバルな女性像が求められます。

MUJについて

ミス・ユニバース・ジャパン(MUJ)は、2011年の大会からより多くの 『世界一の美女』 を目指す日本の「美のタマゴ」を、発掘し・成長させ、日本の美のオピニオンリーダーとして育て、ミス・ユニバースへ参加させるために北海道・東北・東京・静岡・名古屋・大阪・福岡・沖縄の8箇所で予選大会を実施し、日本大会でファイナリストを選ぶ新しい形に変わりました。

MUJの3つの目的

  1. ミス・ユニバース世界大会に参加する日本代表を選出するコンペティション
  2. 『知性・完成・人間性・内面・自信』を兼ね備えた、女性の基準となる。オピニオンリーダーの創造
  3. 日本女性の特徴を活かし、『国際舞台』で活躍できる女性像の確立

歴代ミス・ユニバース・ジャパン

1952年からミス・ユニバースの日本代表を選出しています
は世界第1位 は世界第2位 は世界第5位

  • 小島日女子(1952年)
  • 伊東絹子(1953年)
  • 近藤美恵子(1954年)
  • 高橋敬緯子(1955年)
  • 馬場祥江(1956年)
  • 大谷享子(1957年)
  • 森武知子(1958年)
  • 児島明子(1959年)
  • 古野弥生(1960年)
  • 安藤矩子(1963年)
  • 池野温美(1966年)
  • 藤川香代子(1967年)
  • 飯野矢住代(1968年)
  • 大須賀喜久代(1969年)
  • 島田純(1970年)
  • 前田晴美(1972年)
  • 染谷美代子(1973年)
  • 岩国美弥子(1976年)
  • 萬田久子(1978年)
  • 黒田百合香(1979年)
  • 檜山久恵(1980年)
  • 織作峰子(1981年)
  • 奥脇絵里(1982年)
  • 山口遊子(1983年)
  • 古沢初美(1985年)
  • 江崎普子(1986年)
  • 難波央江(1987年)
  • 坂口美津穂(1988年)
  • 田代絵里(1989年)
  • 三好浩子(1990年)
  • 山本亜津子(1991年)
  • 安藤あき子(1992年)
  • 志岐幸子(1993年)
  • 川人千明(1994年)
  • 奥村ナナ(1998年)
  • 小川里美(1999年)
  • 遠藤真由(2000年)
  • 荒内美沙緒(2001年)
  • 千葉美苗(2002年)
  • 宮崎京(2003年)
  • 町本絵里(2004年)
  • 葛谷由香里(2005年)
  • 知花くらら(2006年)
  • 森理世(2007年)
  • 美馬寛子(2008年)
  • 宮坂絵美里(2009年)
  • 板井 麻衣子(2010年)
  • 神山まりあ(2011年)
  • 原綾子(2012年)
  • 松尾幸実(2013年)
  • 辻恵子(2014年)
  • 宮本エリアナ(2015年)
  • 中沢沙理(2016年)

[お問合わせ窓口]
2017ミス・ユニバース・ジャパン長崎大会事務局
〒857-0875
佐世保市下京町11-12タシロビル2F
有限会社ハーシーアカデミー内
Tel/fax 0956-76-7079
Mail muj-nagasaki@hershey.jp
PageTop